Ryo's smith’s 製作の日々

製作の記録、ターコイズの研磨等

作品No.9587,レッドコーラル リング

昨日は、都内某所でインディアンジュエリーフェア


が開かれ、気になるターコイズと作家のサクシン


あったので覗きにゆきました。


いずれも力作揃いでしたが、


アタシが良く見ていた、一世代前の作家とは


雰囲気が変わってきたように感じました。


オーバーレイもスタンプワークも


以前より、繊細で細かなつくりになってきています。


1つの要因としては、大きなターコイズが採れなくなった事と


高額になった事、


アートは進化してゆくものなので


当たり前な事ですが、、


全体感で見せるより、目をこらして見る


という感じで大胆なサクシンは減ったゆく傾向にあるようです。



そんな中で、マッキープラテロとギブソンネズの


サクシンは、大胆さと、繊細さを兼ね備え、


ひと際、目を引くものでした。


大胆さと、繊細さ これは今後の製作のキーワードですな。








オーダーに関するお問い合わせや、作品のギャラリーは”Official Web Site ”をご覧ください。

             Ryo's Smith Web Shop


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3