Ryo's smith’s 製作の日々

製作の記録、ターコイズの研磨等

#練習用

オーダーSaleのお知らせ

灼熱の夏をいかがお過ごしででしょうか。 今年は室内の温度計が常時30度付近を ゆらゆらしています。 いつもの夏はクーラーの設定をドライ24度で省エネ していますが、 今年は昼間はつねに 冷房、強風 18度になっています。 今回はゲリラ的なブログ割。 …

No.9460,ブラスブレスレット

真鍮製のたたきブレスレットです。 レディースなので 少しゆる目でうす目にしてみました。 正式名称ハンマートン仕上げといいいますが、 1950年代の舶来プロダクツによく見られます。 ガンメタカラーライトグリーンの塗装との コンビでつくられました。 …

No.9479,オールドスタイルリング

前回同様、海外からのオーダーです。 この手のモノに詳しいシトなので 慎重に製作。 オーダーに関するお問い合わせや、作品のギャラリーは”Official Web Site ”をご覧ください。 Ryo's Smith Web Shop

No.9484,フェザー&ホイールPendantその1

この時期は、 夜が気持ちいいので 仕事終わりの23時から チャリででかけます。 昨日は、ガキの頃からよく行っていた街。 戸越銀座と、そのとなりの武蔵小山へ。 いずれも都内屈指の長ーい商店街があります。 今回はフェザーとホイール。 オーダーに関する…

ArrowペンダントTufa Castの製作風景2

きょうは、台風一過ということで、ぴーかんでした。 が、、あたし、朝から偏頭痛がひどいです。 昔から天候の変化で気圧がかわると 急になります。 きょうのTufa castは前回のものの小型版。 前回にひきつづきブログをみた方のみに20%offのお知らせです。 8…

No.9510,サンダーバード Pendant

タグ:サンダーバード Pendant インレイ オーバーレイ オーダーメイド 18個のインレイで仕上げました。 普段はやらないモチーフですが、 参考写真から、アレンジして オーバーレイとインレイで製作。 横幅5センチと小型なので 仕上げる時は、いつもより 慎…

No.9521,パイユートターコイズリング

今年の春はいつもより早く やってくるようで、 近所の梅の花が年末には すんで咲いていました。 そして昨日あたりから陽の光の角度が 春先の感じになってきましたね。 今回のは、パイユートターコイズの深いブルー。 インゴットでオールドスタイルのリングで…

No,9538,Lander Blue ターコイズリング

お持ち込みのランダーブルーでのご依頼です。 石の先端部分がもろくなっていたと サイドの傾斜を修正。 ランダーはいつやっても緊張します。 オーダーに関するお問い合わせや、作品のギャラリーは”Official Web Site ”をご覧ください。 Ryo's Smith Web Shop

No.9547, Roystonターコイズ Ring

中空タイプのBOXリングです。 見た目はゴツいですが、20gちょっとと 軽量になるのがBOXリングの 良いところですが、 今回は20個のパーツで 組み立ています。 中空&スリ出し&オーバレイ で色々できそうなのでシリーズ化の予定。 オーダーに関するお問い合…

No.9553,Eagle イーグルサンバーストpendant

イーグルをサンバーストで というオーダーでの製作です。 30年以上前からある定番化した モチーフという事もあり デザイン化すると違和感がでてしまうので、 フォルムバランスは崩さずに すり出しサンバーストを入れこむ事にしました。 オーダーに関するお…

No.9564,Red coral ring

しさしぶりに”Ryo's Emishiシリーズ”のBOXリング。 これを作る時はいつもより緊張しながら 製作します。 各パーツの水平、垂直、 0.2ミリずれれば全体がゆがんでしまうので ロウ付けの時にも慎重になります。 オーダーに関するお問い合わせや、作品のギャ…

作品No.9585,ターコイズホイールPendant

ぺーしーがふたたびクラッシュ! 今回は、重症だな。 とぃうことで あいふぉんから投稿しました。 文字うつのが大変なので この辺で。 オーダーに関するお問い合わせや、作品のギャラリーは”Official Web Site ”をご覧ください。 Ryo's Smith Web Shop

作品No.9769,Number 8 turquoise,ターコイズリング

ひにひに、夕方になるのが早くなり、 寒くなってきました。 この時期からあたしは、ものすごく寝てしまいます。 たぶん3月までのあいだの4ヶ月の一日平均は9.5時間 は寝ています。 今回はお預かりした、 淡いブルーとグレーのマトリックスが 綺麗なナン…

年頭挨拶

作品No.9893 red mountain turquoise レザーバングル

前作とセットもののバングルです。 両サイドに赤珊瑚とセンターには 0.5ctですが 良い感じのレッドマウンテンをインレイしました。 作りは箱ものですが、腕の丸みに合わせて緩やかな曲線に しています。 予算に応じた各種オーダー承っています。 現在納期…

作品No.9908 Kingman 中空リング

依頼品です。 ルースからカットしたキングマンターコイズにレッドコーラルを対角線でインレイし サイドにはチャイニーズターコイズをインレイしました。 リングサイズが25号と大きめであったので 石と全体のバランスを 調整しながらの製作となりました。 …

クラシック バフモーター

おおげさに言うと”プロダクト”にはその生産国の思想が宿るものだが、 この米国産バフモーターはまさにそのとうりでした。 今風にいえばミッドせんちゃえりー なんだけど、50年代から おそらく そのフォルムは意匠変更されずに生産されています。 モーター…

作品No.9924 Sky Horse turquoise 中空リング

展開図の製作 石の外形を真鍮で仮留め 矢坊主各種で成型 過去の4サクシン 左からローンマウンテン=中空の技のむずかしさを実感、丸みがでなく失敗 レッドマウンテン=キャストで製作 丸みを強調、フォルムは綺麗にでたが56gと 重くなりすぎ、このスタ…

あたしの作業グッズ

東京は本日より冬の空気にかわり、 12月から2月まではチャリンコにのっていても寒いだけで街を徘徊しようという気になれないので いよいよ3ヶ月の彫金日和がつづきます。 そんなわけで作業グッズをのせてみました。 いつも作業時に常用しているメガネです。 …

作品No.9932 サンバーストヘッド

産地不明のスタビの石でした。 研磨中に酸っぱい臭いがすると”ヤク漬け”ヤクちゅうターコイズ とすぐわかります。 均一な硬度なので磨きやすさはありますが、ブルーの色味が人工的で 深みがありません。 こーゆー場合は実験的なサクシンにしてみようと 中空…

作品No.9944 Ithaca Peak turquoiseリング

シンプルで手が込んでいるオールドスタイルを目指しました。 レイモンドの放射ラインと同程度の細かなスリだしと密度のあるスタンプ のみで仕上げました。 3つ又は前回2ヶつくったので5又にしてみましたが、 同じ意匠で7又のバングルを製作予定。 このイ…

作品No.9954 Red Mountain turquoise シャドーボックスリング

以前 中空で製作したリングでしたが、外形のフォルムを綺麗に 丸みをだすために今回はワックスで製作しました。 まず最初にベゼルを製作します。そのアウトラインの1ミリ外側に 放射の飾りをトゥファーでキャストしすり出します。 それ以外の外形はワックス…

作品No.9956 Tufa Cast3連バングル

浮き彫りエンボスのレリーフを根元につけて、3連の楕円は別だしのつーはーを すりだしで仕上げました。 センターは当初、レッドマウンテンをつける予定でしたが、 形をととのえようと研磨した所、赤茶のウェッブがはがれ 白いウェッブに変わりました。 どう…

作品No.9960 rhodochrosite リング

作品No.9963のバングルと連作になります。 ワイヤーワークも少しやっておこうという事で クルクル巻いてみました。 参考にしたのは、最近の作家で Ivan J. Howard です。 彼の作風はオールドスタイルでペリーを意識にしていると思いますが、 オリジナ…

作品No.9961 #8 Tufa cast リング

つーはーの素地を生かし、気泡をだして仕上げました。 銀を完全に溶解する前に流すとざらざらの質感がより強調されます。 下地もつーはーで浮き彫りのような造形を中心に 今後も作る予定です。 またこの無骨さとオーバーレイ、インレイなどの繊細な造形と同…

ピーコックターコイズ

このピーコックターコイズというのはどこの鉱脈のものか不明で本当にあるのかも 疑問です。 ピーコックグリーンの色のものが多いからこの名称にしてるのでしょうか? 124g 長さ約12センチのルースを0.5ターコイズ円デ購入。 適当にカットしてラフに…

中野ビズビー

昨日 しさしぶりに 中野のMさんのところにうかがい、予約ついでに ターコイズのカット研摩に話題がおよび おまけで びずびールースをいただきました。 母岩はビズビーらしく茶色でしたが やや粘土質で削ると赤く水がそまり、 途中で真ん中あたりでくだけてし…

作品No.9974 NEVADA BLUE オールドリング

以前 通称スーパーxとして入手した たぶんNEVADA BLUE で製作しました。 前回のバングルと同じコンセプトでラフなつくりで全体をすこしゆがませた へたうまオールドスタイルにこまかな造形をマッチさせることです。 ベゼル脇を丸みをもたせて、背面のとんも…

作品No.9979 キャリコレイクリングA 5.5号

今回のテーマはとにかく工作精度をあげる事にありました。 昨日25年ぶりの高値をつけたゴールドはあきらめ あいかわらず真鍮を使用し、 すり出しとスタンプで意匠し、下地のシルバーはトゥファーです。 石はまー普通のキャリコレイクの3カラットを使用し…

作品No.9980 スティックヘッド

依頼者の希望はシンプルであきのこない棒状のペンダントヘッドという 事で トゥファーキャストでスタンプとすり出しで製作。 彼はシルバー好きですが、最初磨かれてピカピカのものが 傷つき、黒ずんでくると”愛情がうすれる”らしく、 (磨けばよいのにと思…